« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/31

TII

今日も2回見てきました。
映画。

何度見ても、マンミラ辺りになると、あーもう終わっちゃう、終わってほしくない、と思ってしまうね。
ビリジン、ブラホワかっこよすぎ。THREATENEDかっこいいよー!
フーイズイットはただのBGMなのかな。

あーロンドンで見たかった 見たかった 見たかった!!!
7月実際に見てたら、今頃会社辞めてロンドンに住んでたかもな。いや、多分その後のヨーロッパツアー周るかどっちかで、悩んでたやろな…。冗談でなくマジで。

しかし、興奮しまくりのダンサーやスタッフや、仕事する仲間ですら皆マイケルに憧れてるような人ばかりの中、常に上を目指す精神力はものすごいなぁ…。

映画後タワレコ行ったら、店内ではずっとマイケルが流れてて、マイケルコーナーには人が集まってて、いまだに出続ける音楽雑誌のマイケル特集では、全肯定の記事が載っており。
ちょっと前までは、純粋な音楽雑誌でさえ皮肉が一言も出ていないマイケルレビューを見つける方が困難な程で、タワレコのポップでも出だしに絶対何か皮肉が入ってたし(ワイドショーでお馴染みの、だとか、音楽以外で何かとお騒がせ、だとか)、今のこのフィーバーっぷり、やはりどこか複雑な気持ちは拭えず。
いつまでもひつこいって言われそうだけど。

今日は街はハロウィン仮装した人いっぱいだったよ。

今日、黒地にスパンコールキラキラのバッグ買いました。
で、友とサーティワンでチョコミント食べて、タイ料理食べて、その店でハロウィンのキャンディーレイもらって、充実の一日でした!

クリスマス、正月バーゲン、クリアランスと、年末怒涛のハードワークに向け、気力を養わねば。

| | コメント (0)

2009/10/28

THIS IS IT

ご無沙汰してます。
本日、全世界同時公開(日本時間19時)の映画「THIS IS IT」、初回とその次の回、連続で見てきました。

さすがに今日は仕事さっさと切り上げて、三宮の劇場で、ど真ん中で、一人で行ってきたよ。

感想は、とにかくよかったです。オルテガさん、ファンの事分かって作ってくれてると思う。
始め〜終わりまでひたすらリハ映像なのがよかった。

7月にロンドンで目の前で見るはずだったあのコンサート、実現してたら物凄いショーになってたなあ!あーーーー完成形を見たかった。

語り出したら止まらないんだが…。

あんま詳しくない人は、映画を見る前に、ブカレスト(92年デンジャラスツアーDVD・発売してます)を見て、お馴染みの曲の流れやダンスを知った方が、それが今回どう現代版に進化してるか分かっていいかな、とも思ったけど、そんな予習なくて良いです。

何の知識もなしで、とにかくマイケルがこのコンサートに全力で、一生懸命に取り組んで、丁寧に作りあげていってる様を見てもらって、彼がどんな素晴らしいショーを世界に見せたかったか、それを一人でも多くの人に見てもらいたい。

ただひたすらマイケルが歌って踊ってます。
いままでいくらファンが望んでも、メディアが決して見せようとしなかった、アーティスト・マイケルの、アーティストとしての姿。

で、この映画をきっかけに、もっとマイケルを深く知りたいと思ってくれたらなと思う。

正直、6月からのマイケルに対する世間のあまりの手の平返しっぷりに、周りが盛り上がる程に冷めていく一方でした。
93年からのあれは何だったの、とただひたすら悔しかったんだけど、この映画は、ファンだけじゃなくとにかく大勢の人に見てもらいたい。
でないともったいない。

完璧主義のマイケルはリハ映像なんて見られたくないのでは、このリハの裏ではマイケルはプレッシャーに苦しんでおり、この映像はオルテガの都合が良いように作ってる…
て話も聞くけど、少なくともこのリハは現実だし、そんな余計な事考えず、ただただこのショーの世界に入り込んで楽しめばいいと思う。

公開は2週間なので(大好評につき延長!とかありえるが)、皆行くといいよ。
で、エンドロール最後終わったと思っても結構続くから「翻訳 湯川れい子」って出るまで帰らないこと!

★以下覚え書き(ネタバレ)

・始まりはスタサム タイトルが出る映画の始まり方が良い

・次がJAM ベースが効いたアレンジがかっこいい。映画館のいい音だからな、DVDやサントラで聞いたらここまでじゃないかな。
トースターで出てくるバックダンサー、めっさ飛ぶ。

・ゼイドントの前に、マイケルと兵士の格好したダンサーらが、リズムのみでダンスするとこが超かっこいい。
最初who's BADと言ってリズム始まる。
新しい振り付け(GHOSTの2BADの動きも入ってる)。で、ゼイドント→インクロ

・HUMAN NATURE
生歌がただただ素晴らしい。

・次は確かスムクリ(?)
スムクリ現代版の映像、追っ手から逃げるマイケル、見上げると天窓。次のシーンでは天窓を乗り越えるマイコー。どうやって登ったんや、と2回とも心の中で突っ込む。

ステージバックのビルの夜景が美しい。
今回はLEDを使っているのか、背景のスクリーン映像が美しい!

・ザウェイ
映像の世界感が良い。
シルエットがかっこいい

・ジャクソンズメドレー
順番違うかも。
紹介の声はダイアナロスかな

・大好きなシェイクユアバディー。
一人一人ダンサーがソロで登場。バックダンサーかっこいい、そして若い!

・I JUST〜
これよかった。アタマから最後までガッツリ生歌。ソロで歌う女性の左でチャップリンのような動き。かわいい。

・スリラー
現代版3Dスリラー映像、是非3Dで見たい!
ディズニーランドのホーンテッドマンションリスペクツって感じです。
そういえば、エディーマーフィーが出てるディズニー映画のホーンテッドマンション('03)を最近初めて見たが、あれはかなりGHOST('96)と似たシーンが沢山だ。

最後、THREATENEDが流れる!あそこのマイケルの動きも完成形ではどうなってたのか気になる。

・BEAT IT
ケンカシーン、バックダンサーがとにかく若く、(衣装でなく私服なのもあり若い印象)途中止めに入るマイコーが、さすがにおっさんが若者のケンカをまぁまぁとなだめる、という画に見えた…
ただダンスはキレキレ

・ブラホワ
2番なし。ちょい短縮バージョンで考えてたのな
ギターの若い女の子が、控えめで可愛かった。さすがにジェニファーの迫力は無理か。

・WHO IS ITどこだったけ…この曲見せ場も面白そうだった。サーカスのような世界。
ステージ上を火が回るやつ、あれはどの曲の演出だったのだろう。

・アース→ビリジーン

ビリジーン!
今回は電飾ジャケットだったそうな。見たかった。
ビリジーンダンス、マイケルがリハ中、ダンサーが大興奮でそれを見ている様が、映画の中でファンの気持ちを代弁しててよかった

マイケルがターンする度にサングラスを手で押さえてた。

・マンミラ
当然泣く
マンミラだけ、ライブで見たことなかったから、今回ロンドンでその夢がかなうところだったのに…マンミラで終わるなんて泣くでしょ。
でもいい終わり方だった。

2週間、見れるだけ見るつもり。
'87ムーンウォーカーも1107〜劇場公開決定!
22年振りに劇場で見るムンオカ、こちらもかなり楽しみ。
これも面白いから皆見るといいよ!

予告編で見たジョニーデップ主演の『Dr.パルナサスの鏡』も面白そう。
92年ペプシのCM(WHO IS ITのDreams編)を思い出す。マイケル好きそうだ。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »