« 壁に絵を描く(その2) | トップページ | チュラ・ファイナル »

2006/07/08

ティンガティンガ

070806この間知り合って仲良くなったタンザニア人のマイケルさんは、ティンガティンガという絵を描くアーティストだ。
2005年の『愛・地球博』でもタンザニア大使館から招待されて、毎日実演していたらしい。
ティンガティンガとはタンザニアの伝統的な絵画スタイルで、ベニア板に油性ペンキで、キリンや象なんかがとってもカラフルに描かれる。

この日は神戸「酒心館」でやっているマイケルさんの個展へ。
色々タンザニアのおもしろい話を聞く。マイケルさんは子供の頃からティンガティンガで沢山の動物を描いているが、実際本物のキリンや象を見たのは、去年日本に来てからなんだそうな。
もうすぐ日本人の奥さんと共にタンザニアに戻り、来年 東京と沖縄の展覧会の為にまた来日するとの事。
世界各国を展覧会で回って、絵を売って暮らすなんてステキだ。
来年また会おう!といってしばしのお別れ。タンザニアの家にもいつか遊びに行きたいな。

スワヒリ語(タンザニアの言葉)で「あなた」は「Wewe:ウヘウヘ」って言うんだって。ウヘウヘ。

|

« 壁に絵を描く(その2) | トップページ | チュラ・ファイナル »

コメント

ティンガティンガ、聞いたことあるよ。
僕は万博で見たのかな・・・?

なんとなくアボリジニアートに通じるものを感じます。

タンザニア人の知り合いがいるとは、羨ましいね
ウヘウへ。

投稿: Ban★chang | 2006/07/15 00:09

■Ban★chang>そっか、万博行ったんよね。
マイケルさんにも会ってたかもね〜。

暑い国は服も絵も鳥の羽も原色よね。
アフリカに知り合いが出来てうれしいよ。
ウヘウヘ。

投稿: ゆっけ | 2006/07/16 02:08

マイケルさん、マジで出会ってるかも。
万博ではアフリカ共同舘に長い時間いたからな~。
アフリカ舘では、いろいろな出来事があって楽しかったな~

投稿: Ban★chang | 2006/07/20 16:39

■Ban★chang>
なんか土産博みたいな感じだったんでしょ?
アクセサリーとか興味あるなー。民族系のん好きなので。

以前インド雑貨店で買ったペンダントをしてたら、
マイケルさんが素早く反応して
「ここのこの部品はタンザニアのだよ」って教えてくれたよ。
その店はインド雑貨店というか多民族雑貨店だったんだな。
見てすぐ分かるもんなのな。面白いなー。

投稿: ゆっけ | 2006/07/20 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61885/10894441

この記事へのトラックバック一覧です: ティンガティンガ:

« 壁に絵を描く(その2) | トップページ | チュラ・ファイナル »