« ピースカード2005東京 & 広島展 | トップページ | 勝手が CM 音楽 »

2005/08/24

ライジングサン 05

8月20日(土)北海道・石狩へ、ライジングサンロックフェス(RSR)に行ってきましたよ。神戸から0泊2日で二日目のみ、今年はひとりで参加。
以下覚え書き。恐ろしく長いので、興味ある方は適当に飛ばして読んでみてください。

---------------------
伊丹空港から9時前の飛行機で新千歳空港へ。泊まらないので荷物は少ない。天気予報は降水確率50%以上で、雨が心配。

新千歳空港に着くと雨。空港からツアーシャトルバスで会場へ1時間弱。会場はどんより曇。湿気は気にならず涼しくて快適。

まず入り口近くのレジャーサイトにシートを敷いて、持ち歩かない荷物を置く基地にする。

■祭太郎 @ 道ばた
開演13時まで時間があるので会場を見て回る。サンステージ横の道ばたで「祭太郎」発見。
地元のテレビ局 ( HBC だった気がする) が撮影中で、オンエアしてもらう為に一生懸命太鼓を叩いてギャラリーを盛り上げようとしている所だった。遠巻きに囲む客らを前に呼び、「祭太郎!(祭太郎!)ライジング!(ライジング!)」と客と交互に叫ぶ。最後は「HBC!HBC ! 」と叫んで撮影オッケーが出て終了。かなり盛り上がってたので流してくれたんじゃないかな。祭太郎は気さくなエエ兄ちゃんでした。京都在住らしい。

■13:00 / 赤犬 @ RED
一通り会場を下見し、レッドで赤犬を見る。ここは去年勝手がやったステージ。あの時はものすごい盛り上がりだったが今年はどうなるのかしら。
赤犬は大阪出身、とにかくおバカな歌詞を絶叫。どんどん服を脱いでいき、最後はブリーフやふんどし姿で危ないワード連発。

赤犬終了後、RSR オフィシャルブースで T シャツ一枚購入。フェスグッズは買わない様にしているのだが、買わずにいられなかった五月女ケイコイラスト T

荷物を基地に置きに戻る。途中、友の土産に祭太郎グッズ購入。

テントサイト辺りに人が集まり、ラジオで高校野球中継を聞いて盛り上がっている。地元高校が優勝した瞬間、いたる所で皆が大絶叫。それを見るとやっぱ地元の人が多いんだなと実感。すぐにサンステージ両脇のスクリーンに駒大苫小牧優勝の速報が流れる。

■15:30 / B.B.B.B
次見たいのまで時間があるので食事をする事に。そういえば昨夜から何も食べてない。
屋台に向う途中、B.B.B.B(ブラックボトムブラスバンド--7人中6人が神戸出身)がパレードをしていたので付いて行く。去年も来ていて楽しかったので今年も出会えて嬉しい。皆 思い思いに踊りながらぞろぞろ付いて行く。フェスって、皆が好き勝手楽しそうに踊ってるのを見られるのがいい。

屋台でジンギスカン丼。
値段・味・量は、フジには劣るがまぁこんなもんじゃないすかね、という感じ。多分フジが安くて旨すぎ。
食べてる途中、前に座った人に話し掛けてみる。食べてる時って一人じゃヒマだし、話し掛けやすそうな人だったので。
突然だったがその人は快く受け答えしてくれ、話も弾んで1時間以上話す。その人は旭川から一人で車で来て、今年が初参加。

話した内容は 音楽、フェス、仕事の話の他 その人がバイクで大阪までツーリングした話、大阪は湿気が多い事、旭川の雪事情(零下20度になった年があるらしい)、ゴキブリ事情(あまり見かけないそうだ)、ジンギスカン(北海道ではスーパーでフツーに羊肉が売っている。焼くのはジンギスカン鍋ではなくホットプレートが一般的)などなど。
私はあまり関西弁ぽくない(関西弁が強くない)と言われた。敬語だから特にそう思われたのかも。

●ジンギスカン丼
●ビール

■17:00 / リリーフランキー×ピエール瀧×猫ひろし @ ブラックホール
すっかり話し込んで次が始まる時間だったので、その人と別れてブラックホールへ急ぐ。途中の道ばたで祭太郎が皆と共にラジオ体操をしていた。
ブラックホールは今年初めて出来たステージで、音楽以外のパフォーマンスが見られる所。

会場前に着くと ありえない位 長蛇の列。明らかに入れないが、諦めきれない人達が入り口近くにいたら、それを知ったリリーさんと瀧さんが会場外の花道に出てきて「中のショーが終わったら少しこっちでもやってあげる」と言ってくれた。ラッキ!
で中に戻ってトークショーが始まったのだが、この音声も外のスピーカーにつなげてくれたので、外で待ってる人達はラジオの様に中の音を聞く事ができた。

トークの内容は「性の悩み相談」。あらかじめ客席から集めたアンケートを読み、本人にステージに上がってもらい解決するというもの。
かなり恥ずかしい内容で、本人(女の子)も始めはしぶしぶステージに上がるのものの、そのうち吹っ切れていく様子がおもしろかった。
「皆の前で叫べばすっきりするから」と拡声器を渡され、会場内と、外の私達の前でも「私は○○○○だー!」と叫んでいた。勇気あるなぁ。

その後レゲエダンスと猫ひろしのネタ。
中が終わったら外でも同じくダンスと猫ひろしネタをやってくれた。
目の前で見るレゲエダンスはあまりにすごくて恥ずかしかった。猫ひろしはめちゃくちゃ小さくて、目の前で見るとテンションが伝わってきて面白い。猫ひろしコールもすごい盛り上がりだった。

『♪グーチョキパーでグーチョキパーで、ニャ!に作ろー ニャ!に作ろー、右手がニャー!で、左手もニャー!で、ねっこひーろし!ねっこひーろし!』。んでコールが揃ってきたところで『うるさい!』と制止。
これが今だに頭の中でリピートしている。

8 8■20:00 / 飯島さん(勝手にしやがれ)DJ @ 岩盤ブース
岩盤(という店のテント)の2階 DJ 室で飯島さんがプレイするという事で見に行く。
19時半の予定がなかなか現われないので、待ってる間ビールを何杯も飲んでしまった。20時過ぎに始まり、3〜40分のプレイ。
終わって飯島さんがブースから出てくると、すぐに女の子に囲まれ写真攻めに遭っており、それに快く答えてはりました。

●タンドリーチキン
●ビール数杯

■20:40 / B.B.B.B
レッドに向かっているとまた B.B.B.B に遭遇。向こうからこっちに行進してきたので、来た道をまた戻って付いていく。この音を聞くと付いて行かずにはいられない。途中、後ろから歓声が聞こえるので振り返ると花火が上がっていた。
動画はこのページから

■21:15 / Brazilian Girls @ RED
NY から来たブラジリアンガールズというバンドを見る。ガールズだけど女性は一人。不思議な雰囲気のバンド。色んなジャンルの曲あり。
「プシプシプシ マリワーナ〜」という、にんともかんともな歌詞がサビの曲が印象的。このサビ部分は客席も一緒に合唱。平和だ。ここのオフィシャルで聴けるよ。曲名は "Pussy"。途中スカパラのホーン二人(トランペットとトロンボーン)が特別ゲストで参加。

8■23:00 / Ego-Wrappin' @ RED
写真はセットチェンジ中のレッド。
そのまま同じステージでエゴラッピンを見る事に。が、予定時間が過ぎても一向に始まらず、延々とサウンドチェックをしている。テンション急降下。
結局1時間程遅れて始まる。じっと立ってる1時間はかなりしんどく、待ってる間 向こうに見えるムーン(ステージ)での Loopa Night のレーザー光線が気になってしょうがない。あぁあそこで踊りたい!とエゴラッピンは半分位で抜け、ムーンへ向う。

8■23:30 / Ryukyudisko @ MOON
毎年ライジングのムーンサーカスでは夜になると Loopa Night というテクノパーティーがあり、色んな DJ プレイで夜明けまでひたすら踊り明かす事ができる。

このステージは夜かなりいい雰囲気で(適度にユルい空気がとっても良い)気持ち良く踊れるので、この Loopa Night が目当てで毎年ライジングに来る人もいるとか。私も去年の卓球がめちゃくちゃよかったので、今年も絶対来たかったのだ(卓球は毎年来ている)。
ムーンに着くと琉球ディスコがプレイ中で、客は皆 手を上でヒラヒラさせて、阿波踊りとかエイサーっぽい踊りをしていた。

■23:45 / Takkyu Ishino @ MOON
すぐに卓球にバトンタッチ。今年のムーンはセットがピカピカしててきれい。
2時間踊りまくって汗だくに。エゾの夜は夏でも寒いのに、ここにいる人はタンクトップでも汗だくだ。
途中抜けてソイルを見に行くつもりだったけど、楽しすぎてソイルは即 諦めた。やぁやっぱ卓球最高でした。"Rising Suns" もかかったよ。
終わるとへとへとでムーンを移動。ジャンプしすぎて、歩くと波の上を歩いてるみたいに足がヘロヘロした感じ。

■01:45 / Soil & "Pimp" Sessions @ RED
レッドの前を通ると(エゴラッピンからずっと押してるのか)まだソイルが演奏中で、後ろの方で座って見る。
夜中にソイル、客席はかなり上がってました。フジで見れなかったので見れてよかった。

8

■02:20 / クレイジーケンバンド @ SUN
基地に戻り、今回の一番の目的・勝手に備えウエストバックの荷物を減らす。一日レインスーツを持ち歩いたが全然必要なかった。前方サンステージではケンさんが熱唱中。それを聴きながら荷物を整理し、汗ふきシートでさっぱりし、まったりと過ごす。
ちなみに RSR ではトイレは全く並ばず使えた。紙も常備されており問題なし。

スペースシャワーの取材で DPZ の住さんが来ているらしいので、スペシャブースを覗きにいく。
が住さんらしき人はおらず。残念。
もしかしたらどこかですれ違ってたかもしれない。レポート見てたら、結構近くにいたかもなぁという場面もあった。

■03:00 / bobin and the mantra @ GREEN
勝手がトリをつとめるグリーンオアシスに移動。このステージはサーカスの様にテントが張ってあり室内の感じ。地面は土の上にワラが敷き詰められてフカフカ。その上に座って休みつつ見る。
bobin and 〜というバンドが演奏中で、客が驚く程少ない。ステージすぐ前の客止めの柵に人が1〜2列集まってるだけで、あとは後ろの方で寝てる人や休んでる人がパラパラと。なんだこのダレた雰囲気は。勝手は大丈夫なんだろうか。
でもこのバンドは平和的な感じでよかった。

■03:20 / Pomeranians @ GREEN
その次はポメラニアンズ。名前は聞いた事あるが初見・初耳。へぇこんなんかぁ、といった位の印象。
このバンドが始まると客は結構増える。といってもスペースの1/3位。

■04:30 / 勝手にしやがれ @ GREEN
いよいよお目当て登場。ポメラニアンズが終わると結構人が去っていったので、前方中央に移動。
人集まるのかなぁ、なんて心配は無用だった。セットチェンジで待ってる間、なんか押されるなと後ろを振り返ると、いつの間にかギッシリ人が詰まっている。多分テントに入り切れてない位に集まっててびっくり。
結構 男の子が多い印象。マイクチェックで武藤さんがドラムを鳴らしに現れると、横の若い男の子らが「うぉ!ムトーだ!ムトー!ムトー!」と早くも興奮して叫ぶ。「ムトー」って呼ぶんだな。笑

始まると、もうホントすごかったよ客も演奏も。
曲は、ライブで演る時これは確実に上がるってヤツだけを集めたベストオブベスト。夜明けの眠気を吹き飛ばす為か、上がるのオンリーこれでもかっ!という選曲でした。
順番は自信ないけどやった曲はこんな感じ。
黒い瞳、ロミオ、デカダンスピエロ、ビッチ、ラグタイム、Z28、スレイブ、ブラックマリヤ。

客の熱狂具合もすごかった。後ろから押されまくりで、自分は動かなくても周りのジャンプで一緒に身体が動いてしまう。一度手を挙げると下ろすスペースもない。
去年出たモッシュは今年はなかったけど、どの曲もサビ部分は大合唱で気持ち良かった!
札幌は勝手ワンマンでもすごく盛り上がるらしく、さすが。フェスだから特別かなぁ。これがもしワンマンも同じ様なんだったら恐るべし。

夜が明け、テントを通して外がうっすら明るくなると、客が「ムトーおはよう!」と叫び、武藤さんは「眠くないだろぉ」などと言ってはりました。喋ったのはそこ位か。
トロンボーン福島さんはステージ下に降りてきて客にもみくちゃにされながら煽り、バリトンサックス飯島さんはコームを取り出して髪をなでつけた後 客席に投げ、客はエサに群がる鯉の様になっていた。

最後は武藤さんがドラムからジャンプして床に倒れ込む。もうヘトヘトって感じで、ピアノ斉藤さんがうすら笑いをうかべながら武藤さんを抱き起こして去って行った。ドラムスティックも客席に投げてたよ。

ものすごいアンコールがあったんだけど、偉いさんぽい人が出てきて「やらない事になってるから分かってください。不公平になるから。」とか言って終了。すごかったなぁ勝手。十分満足したぞ。
今年は曇ってて朝日は拝めなかったらしいけど、こっちはテント中にいたので関係なしだ。

8 86時半。シャトルバスで空港へ。飛行機の時間まで3時間あったので、滑走路を見ながら朝食。

13時、関空着。(伊丹空港がよかったがツアーで振り分けられた)その後、友に土産を渡すべく神戸ハーバーランドへ行き、長話をして20時前に帰宅。

---------------------
8今年もライジングは熱くてユルくて最高でした。
フジロックがスタバだとしたら、ライジングは町の喫茶店て感じかしら。地元の人が多くて、ゆったりしてて楽しかったよ。
去年は晴れて砂ぼこりがひどく 白いスニーカーが真っ黒になったけど、今年は前日の雨に加えウッドチップが去年より沢山敷き詰められてたので、靴は全然汚れませんでした。
トイレの数も多かったし、コンビニの出店もあって必要な物は何でも買えるし、いたれりつくせりでした。

翌日、少し足が筋肉痛になったけどすぐに治りました。年中運動不足なのに意外。
来年も行きたいな〜。勝手出てくれ!

|

« ピースカード2005東京 & 広島展 | トップページ | 勝手が CM 音楽 »

コメント

ゆっけさんはこの夏、フェスづくしだ!
羨ましい!

僕はフジでの出費が未だに痛いと
いうのに(笑)
だけど、痛いだけの出費をしてでも
行く価値大いにありですね。

楽しいレポートありがとです。
少しだけ、僕もエゾの空気を味わえました。

投稿: Ban★chang | 2005/08/24 23:04

Ban★chang>すごい、全部読んでくれたんですか?
ありがとう。ここ数年夏は、フェスいくつかずつ行ってます。
私も数年前は金欠になって学習したので、今ではなんとかやってます。
年中フェスの事考えて準備すべしですよ。笑 かなり痛い出費ですがね。
サマソニもよかったけど、フジとライジングの組み合せが一番いいんじゃないかと思ってます。都会型よりキャンプ型フェスの方がのんびりしてていいです。

投稿: ゆっけ | 2005/08/24 23:31

僕は、これから毎年、フジだけは毎年
絶対行く予定!

フジには、余計なバンドが出ないので
(今のところ&僕の趣味内で)
行く価値は十二分にアリアリですから。

そして、これから毎年、苗プリの常連にも
なる予定!(予定は未定!)
来年も¥1980テントかも(笑)

投稿: Ban★chang | 2005/08/25 18:52

Ban★chang>フフフ、はまってますね〜。
3日通しとなれば、どれだけフェス以外で体力を消費しないかが要ですね。メールしたんで見といてくださいね。

投稿: ゆっけ | 2005/08/25 20:18

野外フェス2回も行ってうらやましいデス。BBBBは我輩も何回かみました・・・路上で。土臭くてイイですね。レポート読んでまたライブに行きたくなりましたよ。

実はRSRのHP上のシアターブルックの画像の最前列に我輩の弟分が恍惚な表情で写ってました(笑

投稿: 喜平 | 2005/08/26 22:44

はじめまして。
RSRに関するブログを周っていて辿り着きました。
私は勝手のときに真ん中2列目にいたので、
もしかして顔覚えてるかな?と思ってコメント残します。
私の所でも拙い上に長いレポを書いているので、
RSRの思い出に良かったら読んでくださいね。

投稿: loxol | 2005/08/26 23:37

おつかれさま。
写真を見せてもらいました。いい体験してきたね。
音楽を聴くことの他に、いっぱいいいこと得てそう。
うらやましいよぉ〜。

投稿: のり | 2005/08/27 00:04

喜平さん>まじですか。笑 弟さん行ってたんや。
いい記念ですね〜。
BBBB は地元バンドなので特に応援したくなりますわ。

loxolさん>いらっしゃいませ!はじめまして。
そうですか、じゃあ私はloxolさんの後ろにいたのかな。
「ムトームトー」と言ってらした方など、背の高い男性らの
中に混じってました。
blog 読ませてもらいますね。また遊びにきてくださいな。

のりさん>のりさんも来年はご一緒にいかがです?

投稿: ゆっけ | 2005/08/27 00:46

あ、本当に後ろにいたの私かもしれない。
その節は押しちゃってすみませんでした。
RSRはほんっとに楽しいですね。
来年もまた。勝手が出たら確実に前にいるので。

投稿: loxol | 2005/08/29 03:35

loxolさん>いえいえ、ああいう場ではそういうもんですよ。
お気になさらずに。
RSR 楽しかったですね〜
blog でまたお会いできるとは素敵な事です。
また勝手のいる所でお会いしましょうぞ!

投稿: ゆっけ | 2005/08/29 20:17

はじめまして。ブラジリアンガールズ検索でこちらに辿り着きました。今年のライジングサン、すっごい楽しかったですねー。ダンス系のアーティストが多かったので、個人的には更にお得度が増し!それにしても、スカパラからゲストが入った後のお客の押し寄せ方にはもうビックリでした。やっぱ人気あるんですねー。

投稿: GIMMEFIVE | 2005/09/02 17:13

GIMMEFIVEさん>いらっしゃいませ。はじめまして〜
RSR 楽しかったですね!
ブラジリアンガールズの検索でいらっしゃるとは意外でした。
RSR でたまたま見るまで全く知らないバンドでしたので。
確かにブラジリアンガールズは他のアーティスト達とは違った雰囲気でした。
このフェスで見なければ出会う事もなかったかもしれないので、見れてよかったです。こうしてGIMMEFIVEさんもいらしてくれたし。

スカパラが参加した途端グワッと客が前に押し寄せてたので、スカパラは人気だなぁと思った半面、バンドの人達はどう思ったかな、とか考えてしまいました...笑

ブログ読ませていただきました。前知識ゼロで見たので、へぇ〜そういうバンドだったのか〜と面白く拝見しました。
ブログに書かれてた、「サビの歌詞を DANCE TILL THE RISING SUN にして」というの、私も気付きましたよ!

DON'T STOPってエロい歌詞だったんですね。
あでも確かに照明とかダンスとか艶かしい感じの結構ありましたね。
ボーカルの人がジュディーオングのミニスカートver.みたいな衣装だったのが印象的です。
「マリワーナ〜」は私も心掴まれましたよ。笑
平和でフェスっぽいな〜と。
長くなりましたが、GIMMEFIVEさん、またぜひ遊びにきてくださいね。

投稿: ゆっけ | 2005/09/02 22:03

ゆっけさん、どうもですー。RSRレポ、楽しみに拝見させてもらいました。僕はほとんどレッドスターに張り付きでした。SOIL PIMP 終わったくらいで力尽きちゃいましたけど。DON'T STOP の歌詞は、「私が行くまでやめちゃダメよ」という大人な発言ですw  サビーナ嬢の彼氏にしてみたら、公衆の面前でそんなこと言わなくても・・・と凹みますね。これからもよろしくです。

投稿: GIMMEFIVE | 2005/09/06 03:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61885/5607808

この記事へのトラックバック一覧です: ライジングサン 05:

« ピースカード2005東京 & 広島展 | トップページ | 勝手が CM 音楽 »